そもそも仮想通貨とは

ビットコインなどの仮想通貨が話題になることが多いですが、そもそも仮想通貨が何なのかよくわからないという方も多いでしょう。いわゆるお金は法定通貨と呼ばれるもので、日本においては日本銀行が発行する日本銀行券と造幣局が製造し政府が発行する貨幣が法定通貨となります。各国に法定通貨というものがありますが、仮想通貨というのは中央銀行などの公的な発行主体や管理者が存在しない通貨のことです。基本的にはインターネットを通じて取引されているもので、円やドル・ユーロなどの法定通貨と交換することが出来ます。ビットコイン以外にも仮想通貨の種類は600種類以上あると言われていて、ビットコイン以降の仮想通貨のことをアルトコインと呼びます。主に投資として取引されている事が多いですが、最近では日本においてもビットコインを現金の代わりとして、既存の電子マネーのようにして決済することが可能な店舗が増加中です。

実際の店舗でのビットコインの使い方

実際の店舗でのビットコインの使い方は非常に簡単です。
ビットコインを所有する場合には取引所でウォレットを作成する必要がありますが、実際の店舗で使用する場合には取引所などで提供されているアプリをスマートフォンやタブレットにインストールします。ビットコインを使用することが出来るお店でビットコインでの支払いを伝え、相手方のQRコードを読み取り決済が完了します。手数料は取引所によりますがほとんどかからず、その時のレートで支払いが完了です。

仮想通貨とは特定のサービスで利用することができる現金以外の通貨のことを指します。インターネットの普及とともに、様々な種類の仮想通貨が生まれました