ネット上で同じドメインが複数存在することはできない

レンタルサーバーと契約し、ホームページを運営するのに独自ドメインを使いたいという場合、サーバー会社か、もしくはドメイン提供サービスを利用して好きなドメインを取得するというのが一般的な流れになります。

しかし、ドメインを取得しようとしても、なぜか「このドメインは取得できません」という表示が出てしまうこともあります。この理由は大きく分けて二つです。まず、一文字や二文字など、極端に短いドメインを取得しようとした場合。このケースでは、ドメインを提供している会社や団体が短いドメインを誰にも取得できないように制限を設けている可能性が高いです。

そして、もう一つのケースが、既に別の誰かによって同名のドメインを取得されてしまっている場合です。まったく同じドメインが二つ以上、ネット上に存在するのは不可能なので、絶対に取得できません。

ドメイン情報を見て連絡先にメールを送ってみよう

ただ、自分にとって非常に思い入れのある文字列なので、どうしてもその文字列でドメインを取りたいという人もいるでしょう。そういった場合、現在の持ち主に掛け合って、譲ってもらうという方法があります。自分が持っているドメインを別の誰かに売ってあげるというのは、それほど珍しいことではありません。その仲介を行っているサービスもあるぐらいです。

ドメインの持ち主と交渉するためには、基本的に、ドメイン情報を確認して連絡先のメールアドレスに、ドメインを譲ってほしいという文面を送るという流れになります。譲ってくれるかは相手次第ですが、妥当な金額なら売ってもいいという人であれば、粘り強く金銭交渉をしてみるといいでしょう。

レンタルサーバーとは、電子商取引のシステムやWEBサーバーを貸し出してくれるサービスのことを言います。