文字の配置やレタリングを工夫する!

ポスターにおいて、必ず必要ともいえる文字。見る人の目を引き、また情報をもれなく伝えるためには、「文字の配置やレタリングを工夫する」べきです。伝えたい情報を目立つところに配置すれば、パッと見ただけで必要な情報を知ってもらうことができます。また、見出しと詳細で文字の大きさを分けることも効果的でしょう。新聞記事を思い出してみると、必ず見出しは大きくシンプルに書かれています。またレタリングに変化をつけることで、見ている人を楽しませたり、イメージを操作することもできるかもしれません。

イラストや写真を加える!

文字と同様に、必要な情報を効果的に伝えることができるのがイラストや写真です。見ている人の想像力を掻き立てるには、どちらかだけでは限界があります。適切なイラストや写真を加えることで、より具体的なイメージを見ている人に与えることができます。シチュエーションによって、文字・イラストや写真のどちらに力を入れてポスターを作成するべきかは変わってきますので、伝わりやすいと考えるほうに注力しましょう。

カラーリングを工夫する!

視覚に訴える方法として色は欠かせない手段です。様々な色を使って見せると、これもまた見る人の想像力を掻き立てます。かといって、色を使いすぎてしまうのはNG。刺激があふれかえり、何が伝えたいことなのか分からなくなってしまうからです。全体を3~4色程度でまとめ、伝えたい情報を目立つ色で示すのがベストではないでしょうか。また、書かれている内容からイメージされる色を使ってみると、より見る人に伝わりやすくなる場合もあるかもしれません。例えばリンゴと書かれていれば赤を使い、海は青を使って表現するなど、想起させる工夫が必要です。

格安コピー印刷は少部数の印刷物を安価で早く作成するのに最適です。コピー機を高速で動かすのですぐに仕上がりますが、用紙の質が低く日焼けがしやすいので長期間の保管には不向きである点を注意します。