マーケティングオートメーションを使う理由

マーケティングオートメーションとは、集客や販売そしてそれにまつわる業務をすべてAIを使って自動で行う仕組みです。従来ならば、それらを人間が行っていました。ところが、最近は可能なかぎり人力では行わずコンピューターに自動化させた方が利益が出ることがわかりました。そのため、マーケティングオートメーションは積極的に利用されています。人力で行っていくと、人件費により赤字が拡大していく可能性も否定できません。特に、EC部門においてはほぼ自動化させて収益を上げた方が会社としてもメリットが大きいです。しかも、コンピューターは24時間365日文句一つ言わずに働いてくれます。マーケティングオートメーションを導入するためにはお金がかかりますが、一度導入してしまえばあとはすべて自動で行ってくれますので安心です。

企業間のやり取りでも注目されている

マーケティングオートメーションは、個人のお客さんに商品やサービスを提供するばかりではありません。企業間の取引きでも活躍することが期待されています。従来であれば、企業間の取引きの場合にはセールスマンが間に入っていました。自分の会社の商品やサービスを提供する場合にはその良さを存分に伝えることに力を入れていたわけです。ところが最近は、インターネットの情報が膨大になっており、セールスマンが企業に商品やサービスを紹介・説明する前の段階ですでに、相手の企業はインターネットの情報を閲覧し自社にその商品やサービスを導入するかどうかを検討している状態です。そのため、わざわざ人が出て行かなくても仕組みさえ自動化してしまえば問題く展開できると言えます。

マーケティングオートメーションは、企業内の経営状態や顧客の要望などを一元的に把握できるツールとして活用できます。