デザインに統一性をもたせる

ホームページを実際に制作する時には、閲覧者が利用しやすいかどうか、さらに見やすいかどうかをしっかり考慮しなければなりません。そのために欠かせないポイントが、デザインの統一性です。文字のフォントやサイズ、ボタン、線などに統一感を出すことで、ホームページが見やすくなります。また文字や画像の並びがきちんと整列されているかどうかも、重要なポイントです。画像や文章の整列がされていないと、見る人は違和感を覚えます。そしてすぐにサイトの閲覧から離脱してしまうのです。ホームページ内に設置する各種パーツの整列についても、十分に気を付けましょう。

何を伝えたいのかを明確にする

ホームページをデザインする時は、伝えたい事を明確にできているかどうかも重要なポイントです。もし商品の魅力をしっかりとアピールしたいのであれば、魅力的な商品の画像を目立つ部分に設置しなければなりません。また、印象的なキャッチフレーズを掲載することで、印象も良くなります。一番伝えたいことが何なのかをはっきりさせた上で、わかりやすくまとめることが大切です。

適度に余白を入れることも大切

ホームページを作る時は、コンテンツ内に適度な余白を入れることも大切です。文章や画像をびっしり詰め込んでしまうと、閲覧するだけで疲れてしまいます。しかし、段落ごとに適度な余白を入れるだけで、各段に見やすくなるものです。またコンテンツに適した画像を適切な場所に設置することで、理解度も深まります。ホームページを作る時は、余白の使い方も考慮しておきましょう。

レスポンシブデザインとは異なるデバイスでも画面サイズに依存せず、ページレイアウトを柔軟に調整する仕組みを持つデザインのことです。1つのHTMLで各デバイスのURLが統一でき、マルチスクリーンにも対応可能です。